いたずら兄ちゃん

那覇へ行ってきました
ミッキーがつかまり立ちしていました
だいぶ大きくなっています
2ヶ月ぶりのばあちゃんを忘れたらしくて、不安そうな目でじーっと見ていました
抱っこなんてできそうもないので、離れて見ていたら慣れてきたようです
笑いかけてくれるようになりました

夏君がお兄ちゃんになっていてこちらもびっくり
4月から保育園に通っていて、午後からは別の預かり保育にお願いしているそうです
専業主婦の娘は下の子どもに手いっぱいで、遊びたい盛りの夏君につきあいきれないらしい
おんぶして上の子の手を引いて…なんてのは私の時代で終わりですね
2ヶ月会わないでいると子どもはうんと変わります
c0064389_2143274.jpg

車の中で兄ちゃんが弟にいたずらしていますが
弟のほうはまだ天使です
c0064389_2145214.jpg


夏君の初節句にうろこがピカピカ光るこいのぼりのセットを買ってやったんです
娘夫婦は立派な鯉だとお気に入りで、夜も昼もあげっぱなしだったらしいです
それで4年で擦り切れて、去年大きい2匹は処分して矢車と子どもの鯉が残っているそうです
4年で擦り切れるとは思ってもいませんでした
私はミッキーのを1匹買ってやればいいと思っていたので当てが外れてしまいました
娘夫婦は自分たちで買おうと思って見て回っていたらしいのですけど
私がミッキーの初節句にこいのぼりを買ってやると言ったので
セットでお母さんに買ってもらっちゃおう と思ったみたいです

前のは3メートルのセットで長くて傷んだから、1回り小さいのがいいって 
ウン十万の手染めゴイなんてのじゃなくてよかったです
地方によっては2,30万の安物の鯉なら要らない!というところがあるそうです
ご近所への見得もあって吹流しやら名前入りののぼりやらで100万もするのだとか
嫁の実家が負担するのが習いだそうで、それでは初節句は脅威でしょうね

下の娘も休みで、孫2人を連れていっしょにこいのぼりを探して店を回りました
デパートやらスーパーやら、行く先々で洋服に気を取られて鯉はそっちのけ
1日中、歩いて足が痛くなりました
母親といっしょだと気を許して、見たいものを見て回れるのでしょうね
鯉は夕方になってやっとメーカーに問い合わせて注文できました
今度は夜には取り込んで、長持ちさせなさいと言いました
[PR]

by isozineko | 2010-04-24 21:13 | 孫たち | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/14240171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kattyan62 at 2010-04-25 22:53
ウッシシシ おばあちゃんを楽しんでますね〜 お孫さんが顔を忘れてるのも後数年で終わりますよ。高い物はおばあちゃんに買ってもらえと教えられてなければいいですね。 娘の実家がと言うのは全国的なんですかね。僕の娘の時もそうしましたから。 お疲れさまでした。
Commented by fu-and-boro at 2010-04-26 08:52
こいのぼりってそんなにお高い物なんですか!
知りませんでした。  娘の親でなく、息子で良かった(笑)
たぶん 歴史のある地方では こういうものに対して伝統があるのだと思います。
こちらではそんなにお金はかけないのでは・・・・・、ちょっと調べてみますね。
息子が生まれたころはあちらこちらで見ることが出来たこいのぼり、
今はほとんど見かけなくなりました。
我が家にも押入れの中に何十年もこいのぼりが寝ていますよ。

大きくなりましたね、
ほんとうに子供の成長は早い、
お兄ちゃんもお兄ちゃんらしく、仲の良い兄弟にないますね。
我が家は9歳も年が離れているのでお互いに一人っ子のようで
兄弟ではなく同居人のような関係でしたよ (笑)
Commented by isozineko at 2010-04-26 09:55 x
にいにい、沖縄ではこいのぼりもひな祭りの風習もありませんでした。
TVのニュースで見た本土の風習として知っていた程度だと思います。
民放が見られるようになり、本土の人がたくさん移住してきてこいのぼりがはためくようになって、この10年くらいの間に一般的になったのでしょうね。大手のスーパーやDIYセンターのようなところでも特売も組むようになっています。
Commented by isozineko at 2010-04-26 10:09 x
おかんさん、上のかっちゃんにいにいへのコメントにも書いたとおり、沖縄のこいのぼりの歴史は浅いです。
のぼり旗なども豊年祭の頭とセットでしか知りませんでしたし、娘の実家云々と言うのもなし…
ウン十万という話は、数年前、名前入りの手書きののぼりを上げた家があって、珍しくて記事になったんです。
なんでも、奥さんが東北だか北陸だかの方で、長男の初節句に親御さんが送ってきたのだそうです。10メートルもある大きなのぼりで、もらったはいいが、これをあげるポールや土台に相当なお金が要ったと聞きました。風が強いですからしっかり作らないとね。でも、普通の家ではもらっても迷惑でしょうね、きっと。
普通には団地サイズのセットで2万円弱から、3メートルのセットでせいぜい4~5万円台、ポールを入れても高くて7、8万くらいで済むようです。お雛様のほうが高いですね。