大鷺かなあ

4月1日
去年、百合の大群落を見た田んぼの畦に行ってみた
ゲットウがちらほら咲き出している
ノボタンの薄紫の花が少し

目当てのテッポウユリは水路の斜面に咲いていたが
遠めにも去年よりだいぶ少ないのが分かる
折って行く人がいてどこかへ移植してしまったのか
人が植えたものだと思うとなんだか興味も失せて
遠目で見て終わりにした

周囲の田んぼは稲が育ち始めていて
畝の間に白い鷺の体が半分見えた
見つけたときはみんな首を長く伸ばして
頭の後ろに長く飾り羽をなびかせていたが直に見えなくなった
飾り羽を写真に撮りたいなあ…

c0064389_19302946.jpg
その近くに観光農園を工事している場所がある
前に来たときはムラサキサギが羽を休めていたところ
去年は通れた農道にロープが張られていた
小さいくぼ地に熱帯睡蓮がたくさん茂っていたのだけれど
跡形も無く埋め立てられて雑草が揺れていた
あの花はどうしたろうか

両側の藪にテッポウユリがたくさん咲いていたのだけれど
道路際のはもうほとんど残っていなくて
切り立ったがけの上のほうには上れないためか群落があった
開発で大好きな島の自然がどんどん変わっていく
縁者もいないこの地に私を繋ぎ止めているものはなんだろう
どこにも私のいる場所が無いような思いが少しずつ募っていく
[PR]

by isozineko | 2010-04-03 19:30 | 季節便り | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/14089144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]