農作業必須アイテム蓑笠

さとうきびの刈入れや普段の畑の手入れに
昔は必須アイテムだったという蓑笠
c0064389_956084.jpg

クバの若葉を熱処理して乾かし編みこむのだそうです
編む糸は海岸に生えているアダンの気根を裂いた繊維
これは伝統凧の尺を取るのにも大事な素材です
蓑笠は夏の暑い太陽の下の作業に自前で作る日陰
首に巻いて日の差す方向へ廻しながら使うそうで
軽くてとても涼しい風が通るのだそうです
雨が降ったときにはもう少し厚くて長いものがあります
1度作ると5~6年も使えるそうです
首の後ろの骨が人間の1番大事な骨で
これを日に干したら病気の元なので守るためにも大事なのだそうです
畑に出るお年寄りの中にはがまだ使っている方がいます
c0064389_9504868.jpg

使い終わったら手入れして軒に下げておくのです
サワサワと蓑を揺らす風の音に
明日の天気を占ったりもしたのでしょう
なんて雅やかな自然と一体の暮らしでしょう
今は昔の物語になりつつあります
[PR]

by isozineko | 2010-02-03 19:24 | 昔語り | Trackback | Comments(5)

トラックバックURL : http://isozi.exblog.jp/tb/13646748
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kattyan62 at 2010-02-04 12:24
動力の耕耘機に昔ながらの蓑と笠が何とも妙に似合って違和感がない。これらが現代の子らには日本の原風景なのかもしれませんね。
蓑のカサカサ音の乾きと湿気で天気を知る農民の知恵も、テレビの天気予報より正確なのでしょう。
isozinekoさんも、日本の東北で育ち、最南端とも言える石垣の自慢できるほどの自然の中、きっと遺伝でもあり長生きしますよ。
汚れた空気を吸い、浄化しきれていない水を飲んで暮らした僕は、妻のお迎えが早く来てくれるのさ。 と思い願っていますが、今少し迎えは待ってもらわねばなりません。
Commented by isozineko at 2010-02-05 17:24
かっちゃんにいにい、蓑を渡る風で天気を読むってところに感動しましたよ。昔はそんなかすかな物音が聞き取れるほどに静かだったのですよね。
今ではTVに車、夜中までバイクやらとなりの風呂のボイラーの音やらわけの分からない低周波音まで。
島も都会並ですよ。
Commented by isozineko at 2010-02-05 17:31
仕事やめたいよさん:なにをしても苦労はつき物ですよ。
今は我慢するときなのかもね。
お前らがなんて呼ぶからにはお若いのでしょう。
私らにはない宝物を持っているのにもったいない。
Commented by kattyan62 at 2010-02-06 10:08
妹よ、仕事辞めたい奴はコンピュータで書き込む迷惑コメントだよ〜。
ここはね、本当に度の付くほどの田舎です。もしも妹が来たらアイドル間違いなしです。未だに妹のような可愛い人を見かけたことがありません。
もしも、妹のような人が通ったら、フラフラと着いて行ってしまうかもしれないなぁ〜 
Commented by isozineko at 2010-02-06 10:15
ご忠告ありがとう。
多分ろくでもないサイトだろうと思ったので、見に行ってはいません。
今ぽちっと削除しました。
大いに買いかぶり恐れ入ります。
リップサービスでもうれしいですよ。